全国茶品評会受賞を市長に報告

第68回全国茶品評会審査会が8月に宮崎県宮崎市で行われ、普通煎茶4Kgの部で農業生産法人「ネクト」が1等3席と1等4席に輝き、静岡本山茶は成績上位3点の合計点により競われる団体賞は23年ぶりに静岡市が「産地賞」を獲得しました。産地賞を受賞した生産者が7日、静岡市役所に田辺信宏市長を訪ね授賞を報告しました。来年静岡市で開かれる全国お茶まつりでは「生産者だけではなく消費者を取り込んだ祭りにしたい。茶業関係者全体で授賞した産地賞をお客にアピールしてブランド価値を高めたい」と要望をネクトの石原弘敏社長が話しました。