故事を現代に、熟成本山茶を奉納

 駿府本山お茶壷道中行列と口切の儀が10月26日、葵区井川の蔵出しの儀から市内繁華街と久能山東照宮で行われ、本山茶を製茶している農業生産法人「ネクト」の社員も行列に参加しています。江戸時代にお茶を好んだ徳川家康公の故事に習い、春に摘み立ったお茶を冷涼な井川大日峠のお茶蔵で夏を越し、秋になってからお茶会を開くために久能山東照宮までの道中行列を再現したものです。久能山東照宮では横山大山茶道家元により口切の儀が行われ、家康公に本山茶が奉納されました。